エアバースト効果

エアーバースト効果

製品の特徴

呼び名のとおり、爆発音を伴って、光の粒子が球状に拡がります。その様子はあたかも、日本の打ち上げ花火が目の前に出現したかのようでもあります。
使用環境や観客との距離を考慮して、どのようなサイズでも所定の性能が保てるよう原料から配慮されています。
インドア向きに製造された製品は安全性に配慮され、光の粒子が地面(床面)に到達する前に消滅する様に作られています。また、煙の発生量 も極力少なくなる様に考慮されています。

※煙火を消費する場合、消防署への届出等が必要となります。
詳細はこちらへ

呼び名

日本でも「エアーバースト」の名称で認知されています。一部に「吊り下げ型マグネシウム」、「パフ」、「光玉」などと呼ぶ事もあるようです。

使用法のバリエーション

「エアバースト」は吊り下げて使用します。天井部分から吊り下げるなどの設置方法が考えられます。
点火のタイミング-例えば、8個吊り下げたものをランダムに連続点火した場合と、8個を一斉に点火した場合とでは、それぞれで印象が変わってきます。
「エアーバースト」のバリエーションを創出するのに必要なアイテムは、点火のタイミングを正確に行うための点火システムです。パイロデジタルコントローラー・パイロパックエアーバーストシステムなどを使用します。

製品のバリエーション

色彩として、銀・金・赤・青・緑・キラキラ・ギラギラとした現象が表現できます。
シチュエーションにより開花の大きさや変化等、多様なバリエーションが表現できます。