キャノン砲

キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲 キャノン砲

名称

一般には「キャノン砲テープ打ち」と呼ばれています。また、一部では「ストリーマーキャノン」と呼ばれていますが同じものです。

効果の内容

「キャノン砲」を用いて筒内の「ネタ」を飛ばす効果です。
メタリックや紙のテープ約100〜200本を1台の筒から圧縮空気の力で打ち出します。打ち出されたテープが放物線を描いて飛ぶさまを見せるもので、基本的には風の影響の少ない、天井の高さのある屋内での使用となります。屋外でも使用できますが、その際は使用場所周辺の建造物の状況、風の影響等に注意する必要があります。事前に充分な安全対策が必要です。

使用法のバリエーション

遠隔操作で複数のキャノン砲を同時に制御することが出来ます。また、テープの打ち出しと同時に「音効果」を付加させることにより、さらにインパクトのある演出が可能です。
また、手持ち式の小型のタイプもあります。

「ネタ」のバリエーション

色のバリエーションとして、紙、銀・金・赤メタル・青メタル・緑メタル・ピンクメタルがあります。これらを単色のみで使用する場合もあれば、任意の色を複数混合して使用する場合もあります。
「キャノン砲」はテープや紙吹雪以外に、イベントの内容に沿ったアイテムを打つことが出来ます。過去の実績としては、サイリウム(科学反応で発光するケミカルライト)、サッカーボール、ミニサッカーボール、スポンジボール、水、Tシャツ、ホッカイロなどがあります。
事前のテストの上、安全性や効果の確認が必要になりますが、演出のアイディア次第で、キャノン砲の筒に入るものなら打ち出せます。

製品の仕様はこちらから