紙ふぶき

名称

『紙降らし効果』『紙吹雪効果』『コンフェティ』等と呼ばれています。

効果の内容

小さな紙片やメタルフィルム等を、各種送風機や、その他の方法を用いて空中に放出し、それらが降ってくる様を見せる効果です。

素材・形のバリエーション

紙製・メタルフィルム共に数種類のカラーを用意できます。紙製の中には、 防炎処理した物もあります。また、環境に配慮した、水溶性の紙もあります。大きさ・形も状況に応じて使い分けます。1.5cm角〜2cm角程度の正方形の物や、1.5cm×4cm〜2cm×6cm程度の短冊型をした物がよく使われます。桜の花びらを形取ったものは春の定番です。
費用や時間が必要となりますが、任意の色・形・印刷の素材を用意することも出来ます。

使用法のバリエーション

送風機
紙吹雪を降らせたい範囲・量に応じて、送風機を選択します。小規模の紙降らしの場合3A程度の小型ファン、中規模の場合5A程度の中型ファン、大規模の場合15A程度の大型ファンを用います。スタジアムクラスの大会場や野外の場合、三相200Vの大型送風機を用いることがあります。必要な電源を確保することが出来れば長期使用が可能なので、ランニングコストは比較的安く済みます。但し、一気に大量の紙片を放出するのには向いていません。

フリエックス
圧縮ガスを利用した、プロペラが無い送風機です。大量の紙片を、一気に遠くまで運ぶことが出来ます。アリーナ・スタジアム・野外で大変有効です。通常はCO2ボンベ・窒素ボンベ・圧縮空気ボンベを状況に応じて使い分けます。ボンベさえ近くに置いておけば、電源が無くても使用出来ます。 但し、長時間の運転には向いていません。

キャノン砲
キャノン砲を用いて紙片を空中に打ち出します。『キッカケ』通りにある程度の破裂音と共に辺りを紙片で包むことが出来る、インパクトのある効果です。必要であれば、「音効果」をシンクロさせることも出来ます。手で持つことが出来る、ハンディタイプもあります。 いずれのタイプも、長時間に渡って、大量の紙片を放出することは出来ません。

コンフェティマシーン
いわゆる『電動式雪かご』です。紙片を降らせたい頭上に吊ります。必要な場所にピンポイントで紙片を降らせたいときに有効です。縦長のドラムタイプと、横長のローラータイプがあります。縦長のドラムタイプはそれを中心とした円を書くように、四方八方に紙を降らせることが可能です。横長のローラータイプは幅 1.8mの長さを利用して、ワイドを意識した紙ふぶきに有効です。長時間に渡って、大量の紙片を放出することは出来ません。

その他
『吊り物バトン』に『雪布』を吊り込み、ステージ間口一杯に深々と紙雪を降らせる方法もあります。また、上記の効果の組み合わせで(例えばキャノン砲であるキッカケで紙片を発射、後追いで送風機やフリエックスで長時間紙片を放出)、より効果的な演出が可能です。