ジェットスモーク効果

ジェットスモーク効果 ジェットスモーク効果 ジェットスモーク効果 ジェットスモーク効果

名称

「co2効果」、または「炭ガス効果」などと呼ばれています。

効果の内容

液化炭酸ガスを「ジェットホーン」と呼ばれる装置から瞬時に空中に噴出し、その力強い白煙でインパクトのあるシーンを演出します。
この煙は、ドライアイスの白煙と同種ですが「ドライアイス効果」の白煙と比較して湿度が低いため、非常に早く消滅してしまうのが特徴です。
噴出時間は、ボンベの種類、噴出口の大きさによって異なります。また、ピンを抜きレバーを握ることで白煙を噴出する、手動式(消火器タイプ)もあります。

使用法のバリエーション

ジェットホーンは複数の台数を様々なパターンで遠隔制御が可能です。
ステージ前に設置し、ステージを隠すような演出や、照明バトン、トラス等にハンガーで吊ることによって上下、左右から噴出するという演出などが考えられます。

仕様の詳細はこちらから

ボンベの種類

ボンベサイズ 噴出時間
30kg (240φ×1450) 約60秒
10kg (210φ×640) 約20秒
5kg (180φ×640) 約10秒
7kg(消化器タイプ) (170φ×710) 約15秒