ロースモーク効果

ロースモーク効果 ドライアイススモークLSG(ロースモークジェネレーター)

弊社では、地を漂う雲海を表現する効果を総称して「ロースモーク」と呼んでいます。「ドライアイス」「コールドフロー」「ヘビィフォグ」「チラー」などといわれますが、発生方法により質が異なります。主にステージ上を雲海で埋めるような使い方をします。高所から白煙を落とす事により、滝のように見せることもできます。その他、送風機を使用して白煙を柱状に見せたり、風のように見せたりと、演出意図に応じて、様々な表現が可能です。

ドライアイススモーク

効果の内容
装置の内蔵ヒーターでお湯を作りだし、ドライアイスをお湯と反応させる事で、白煙を発生させます。この煙は実際は炭酸の粒子の周りを水分が覆っているものですが、重く沈んだ白煙です。多少の空気の流れでは舞い上がったり、雲海を消し去ったりすることはありませんし、照明等の熱源に触れても舞いあがることがないのが特徴ですが、ほとんどが水分のため床面がぬれたり(無論バケツをひっくりかえしたようにはなりません)湿り気を帯びたりします。他のロースモークとは白煙の濃度や重量感など質感が異なりますので、一概に優劣は付けられません。使用場面、使用状況による、適切な使い分けが必要です。

ドライアイススモークマシン仕様
外寸 H990×W400×D1010(mm)
本体重量 80kg(水なし)
使用水量 約90リットル
効果使用時総量 210kg
電源 100V20A×2口(形状C型30A)

電源投入から1時間半から2時間でスタンバイ可能。
ドライアイスは40kgまで投入可能です。この場合全力で3分から4分発煙できます。発煙してお湯の温度が下がってしまうと再度スタンバイの時間が必要です。

仕様の詳細はこちらから

LSG(ロースモークジェネレーター)

効果の内容
スモークマシンと冷却装置を使用します。シーラスロースモークと同様のマシンですが、LSGは大型で発煙量がシーラスロースモークの5倍となり、その分冷却媒体の消費量も多くなります。
通常は空気中に拡散するスモークを、冷却装置を使用することにより、雲海のように地表を漂わせ、幻想的な雰囲気を創出します。
制御システムは、コントローラを交換することによって手元での操作や、複数台数を「DMX信号」によって、一括制御することも可能です。小ステージのみに留まらず、大規模ステージなど広い会場での利用も充分に可能です。

LSG仕様
外寸 H875×W600×D1500(mm)
本体重量 約90kg
排出時間;炭酸ガス30kgボンベ約10分、10kgボンベ約3分 低圧160kgボンベ約40分
電源 AC110V20A 50/60Hz