ナイアガラ効果

ナイアガラ効果

製品の特徴、及び使用法のバリエーション

ワイヤーやパイプなどに設置された仕掛けから下向きにこぼれ落ちる火の粉を見せる効果です。
「滝ランス」使用のものは花火大会でおなじみのいわゆる「ナイアガラ」で、ある程度の広さを確保できる屋外での使用となります。広大な敷地に張られたワイヤーに吊り下げられた数千〜数万の「滝ランス」が一斉に銀色の火の粉を降らせる様は圧巻です。また、単にワイヤーを直線に敷くだけではなく、クレーン等を用いて山形にセットすることで「富士山」を表現することもあります。
「滝用ジャーブ」使用のものは比較的燃焼温度の低いチタニウムを使用しているので、状況によっては屋内や、ステージ上空及びステージ周辺に仕掛けることが出来ます。仕掛け1本1本を電気点火するもので、「キッカケ」に合わせて点火することが出来ます。

※煙火を消費する場合、消防署への届出等が必要となります。
詳細はこちらへ

呼び名

「ナイアガラ」、あるいは「滝ランス」などと呼ばれています。
「ジャーブ」を用いる場合もあり、その時は「滝用ジャーブ」、「ウォーターフォール」などと呼ぶことがあります。

製品のバリエーション

「滝ランス」は演出の内容に応じてランスの数、ワイヤーの張る形を調節できます。「滝用ジャーブ」は燃焼時間、火の粉の落下の度合いでいくつかのバリエーションがあります。火の粉を床面 ・地面に落としたくない時は、通常の「ジャーブ」を代用することもあります。