ヌキ星効果

ヌキ効果 ヌキ効果

製品の特徴

大きな「星」が一本の仕掛筒から単体で燃焼発光し上空に打ち出される効果です。 光の尾を引きながら打ちあがるもの、その尾がギラギラと点滅するもの(グリッター)、上空で爆発音と共に数個に割れて飛散するもの(クロセットコメット)があります。

※煙火を消費する場合、消防署への届出等が必要となります。
詳細はこちらへ

呼び名

「ぬき星打ち」、「朴」などと呼ばれます。効果の様子がほうき星のように見えるので、「コメット」と呼ばれる外国製品もあります。また、上空で破裂するものは「クロセット」と呼ばれます。

使用法のバリエーション

真上に打ち出すだけではなく、仕掛筒に角度を付け、ぬき星を任意の角度で打ち出すことが出来ます。 それによりV字形打ち、Λ字形打ち、斜め打ち、斜め格子状、扇型など、様々な表現が可能です。 とくにスポーツイベントでは、勝利の「V」を連想させる「V字形打ち」がよく使われます。屋外での使用が基本となりますが、「コメット」には規模の小さなものがあり、状況によっては屋内での使用も可能です。

製品のバリエーション

種類 高さ 屋内での使用 金色 銀色 赤色 青色 緑色 グリッター
ぬき星 20m〜50m ×
コメット 15m〜40m
クロセット 15m〜40m

※屋内での使用は,規模の小さいものに限ります。